ヤクルトレディのお仕事

世界で活躍するヤクルトレディ

世界の全ての人々にお届けできるその日まで、私たちの普及活動に終わりはありません。

世界に広がり続ける愛飲者

「健康への願い」をかなえるため、ヤクルトが海外へとフィールドを広げていくことは自然な流れでした。1964年、台湾ヤクルトの営業開始をスタートに、アジア、オセアニア、米州、欧州へと、世界にネットワークを広げてきました。「健康は人類共通の願い」であると信じ、乳酸菌への理解を深めていただく取り組みを進め、その成果は日本を含む31の国と地域に広がり、一日約3000万本以上のヤクルトの乳製品が世界中で愛飲されるまでになりました(2012年12月)。

地域に密着した活動を展開

ヤクルトでは、地域で愛される企業となるためにも現地生産、現地販売を基本としています。その国や地域の人々に乳酸菌の働きによる「予防医学」「健腸長寿」に対する理解を深めていただき、愛着を持って飲み続けていただく、そのための環境づくり、人づくりが大切だからです。

生活文化や食習慣に応じた健康情報を提供したり、文化やしきたりを大切にするなど、それぞれの国や地域に合った展開で、人々に愛される地域密着型企業づくりを目指しています。

海外においてもヤクルトレディによる“お届け”を多くの国と地域で実施し、2012年3月末現在海外で約40,800人が活躍しています。

台湾

シンガポール

ベトナム

ブラジル

香港

インドネシア

インド

メキシコ

タイ

オーストラリア

広州

韓国

ニュージーランド

上海

アメリカ合衆国

フィリピン

マレーシア

北京

オランダ

ベルギー

アイルランド

オーストリア

イギリス

ドイツ

イタリア