ヤクルトの想い

なぜ、お手渡しにこだわるのか?
なぜ、飲んでいただきたいのか?
すべての根源にある、ヤクルトの「想い」について解説します。

 
 

ヤクルトを生み出したのは、
医学博士でした。

詳しく見る

ヤクルトの創始者・代田 稔は京都帝国大学(現京都大学)医学部卒。
まだ医療が未成熟だった1930年代に、予防医学の普及のため、乳酸菌飲料「ヤクルト」を開発しました。

閉じる
 
 

毎日、薬を飲むのはつらい。
飲み物なら、安心して口に入れられる。

詳しく見る

「栄養素を吸収するのは腸であり、その腸を丈夫にすることが、健康で長生きにつながる」。
ヤクルト創始者・代田は、この「健腸長寿」の考えを提唱し、人々が毎日、乳酸菌を摂取できるよう、ヤクルトを薬ではなく飲料として世に送り出しました。

閉じる
 
 

本当に届けたいのは、
健康になっていただくための商品と情報。

詳しく見る

私たちは人から人へのお手渡しを大切にし、
お手渡しだからこそできる健康のための情報を
真心込めて、お届けします。

閉じる
 
 

誰もが手に入れられる価格で。

詳しく見る

「毎日飲んでもらうこと」「誰もが気軽に手に入れられること」
その考えから、ヤクルトは価格にこだわり続けてきました。
2018年現在、主力商品である「ヤクルト400」は1本80円(税別)です。

閉じる
 
 

「女性は家にいるもの」という価値観を、
ちょっぴり変えてきました。

詳しく見る

ヤクルトレディが誕生したのは1963年。
女性は家にいるのが当たり前だった時代に、「働いてもいいんだ」という新しい価値観を発信。
社会の常識を変える、ひとつのきっかけとなりました。

閉じる
 
 

お客さまと話をすることは、
元気を届けることだと考える。

詳しく見る

商品のお届けとともに、お客さまと話をする。
そこに、楽しさや笑いが生まれる。こころが元気になる。
それもまた、私たちが手から手へのお届けにこだわる理由です。

閉じる
pagetop